高齢化社会に伴う問題を解決する宅配サービスとは

>

高齢化社会を救うことになる現在進化をしている宅配サービス

現在の日本の人口が減ってきている

皆さん気付いていない人もいるかもしれませんが、日本の総人口は徐々にではありますが減少の一途をたどっています。
一番心配しなくてはいけないのがその内訳で、若い世代の若年層の人口が出生率の低下でどんどん下がっています。
逆に高年齢層の人口が増加の一途をたどっており、60歳以上の人口が特に増加している状態で、このままで行くと数十年後には日本の人口の半分が老人になってしまう可能性が大きくなっています。
これはとても大きな問題で人口の半分が老人になってしまうということは、年をとって体の自由が利かなくても自立していないとならないということであり、そんなことは現在の日本の姿を見れば無理なのは明らかな事実であり、国自体が立ち行かなくなります。

高齢者が増加し若者が減っていく

こうして高齢者が増加し若者が減っていくとどんなことになるかというと、まず経済破綻が起きてきます。
働き手がいないのですから経済が潤滑に回るはずは無く、社会構造がだんだん壊れ始めます。
すると社会構造自体を変えなくては国は滅びてしまうので、社会の仕組みが変わります。
今まで年金で暮らしていた老人は年金がもらえなくなります。
どうやって生活するかというと自分自身が働かなくてはいけないのです。
しかし老いた体と頭脳ではとても働くことは出来ませんし、体に病気を抱えている人は医療もろくに受けられなくなってしまいます。
しかし今まで働かずに済んでた老人は一生死ぬまで働かなくてはならないのです。
そんな強烈に厳しい時代が今すぐそこに迫ってきているのです。


この記事をシェアする